渋谷歯科・夜間診療・辻デンタルクリニックHOME>最新歯科用CTレントゲン導入

最新歯科用CTレントゲン

~歯科用CT導入のお知らせ~

当院では、患者様に世界最高水準の歯科医療機器による診療を受けて頂くために「歯科用3D・CT」を導入致しました。 現在、CTを導入している歯科医院は全国で5%ですが、 今までのデジタルレントゲン2Dと違い、CTの3Dによる診断を行うことで、インプラント治療・根幹治療などを主により優れた・より安全性・有効性の高い治療を実現致しました。

パノラマと3D撮影

ベラビュー エポックス3Dfは1台でパノラマ撮影、セファロ撮影3D(CT)撮影が可能です。デジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で撮影できる、3D撮影が可能なパノラマX線装置です。 さらに洗練された多彩な画像処理により、多角的な診断に役立つことが期待できます。簡単な位置付けと操作により、Ø40×H40mmの局所領域の撮影から、フルマウス対応のØ100相当×H80mmの3D画像まで鮮鋭な画像を提供します。


↑ページTOP

歯周からすみずみまで断面観察が可能に

歯周から歯根膜空隙、歯槽骨の状態などの観察が可能です。 インプラントの術前プランニングから術後の観察にも有効です。 X線の透過しやすい部位への照射線量を下げて撮影することで、患者さんへの照射線量を最大40%低減**します。軟組織(上顎洞粘膜、皮膚などの境界)がよりクリアーになり、歯牙によるアーチファクトも低減**します。 エンド、ペリオ、インプラントまで様々な症例に対応することができます。


↑ページTOP

高感度フラットパネルにより高画質なパノラマ画像を提供

パノラマと3Dのスムーズな連携(根尖病巣の撮影例) パノラマでは遠心根に病巣があるかのように見えますが、3D画像を確認すると、実際はかなり湾曲した近心根(頬側)の周りにのう胞があるのが確認できます。これにより、より確実で安心な治療を皆様にお届けできます。

↑ページTOP